スピリチュアル

良い悪いよりも大切なコト、自分自身で内なる力を取り戻す方法

更新日:

こんにちは、Istina Jewelry(イスティナ ジュエリー)です。

今回は貴方が本来もっている力を取り戻す方法について書いていきたいと思います。今カフェにいるのですがたまたま横に座っている女の子が前世関連のことやスピリチュアルなことについて話し始めたので引き寄せをしているな~と思いながら記事を書いています。本当は一緒に話したいくらいでした。笑

良い悪いを超えて貴方が何を問題にしているのかに気づく

内なる力、もともと貴方がもっている力のことです。疲れ切ってしまったり辛いことや悲しいことがあるとなかなか本来の自分を取り戻すのに時間がかかってしまうことがありますよね。もしかしたら過去に囚われて前に進めない方もいるかもしれません。

判断基準や何に反応しやすいかは人それぞれあると思います。立場や状況によって思うことが変わると思いますし、同じことだとしても今と数年前では感じ方や対処方法も違うと思います。

起こったこと・目にしたことを問題(悪い)と反応する・しないも貴方次第です。これに気が付くとだいぶものの見方が変わります。貴方が自然と感じたり思うことは誰にも止めることは出来ません。その感情は貴方自身のものであり、見たり感じたりすることで貴方の世界を構築しています。

ある事柄に対して貴方が問題だと思えばそれは一瞬にして貴方の世界において”問題”になります。

例えば、恋愛で彼から連絡がなかなか来ないということがあったとして、それを貴方が連絡しないのはおかしい(問題)だとした瞬間に彼または彼女が連絡をしないことが貴方の”問題”になります。

別の人はそれを”問題”にもしないかもしれません。問題にしていることやそう感じた貴方を責めているのではありません。”連絡が来ない事”を問題にしてその事柄に力を与えてしまっているのは他でもない貴方であることにまず気が付いて欲しいのです

連絡しない彼・彼女はそのことを貴方と同じように”問題”にしていない可能性があります。急ぎでない内容なら返さなくても大丈夫だと思っている人かもしれません。ただ返し忘れただけだったり、忙しくてなかなか返せなかっただけかもしれません。会ったときに話してみたら案外ケロっとそんなに心配していたの?そんなに怒っていたの?と相手が驚いていたなんてこともあると思います。

余裕のない状態を自分自身に感じたら余裕を取り戻すようにそこに時間を使うようにしてください。想像を膨らませすぎてどんどん大きなことにしてしまっている可能性があります。

余裕のない状態・悪い想像から抜け出すには

出口の見えない良くない想像に力を与えると疲れてしまいますよね。彼・彼女は〇〇なんじゃないか、〇〇しているんじゃないか。実際起きてもいない不安なことを想像するとき、たいてい明るいものではなくどんどんと良くない事ばかり想像してしまいませんか。

人が落ち込んだり色々と考えてしまうのは仕方がないことです。ずーっと続ければエネルギーを補充するのに時間がかかります。あー、また考え過ぎている!!と気がついたらその思考にどっぷりとはまらないように軌道修正することが力を取り戻す近道です。

余裕を取り戻すことで本来の貴方に戻ります。余裕のない状態でする行動って大抵あまり良い結果にはなりません・・・。

落ち込む→その状態に気がつく→軌道修正(自分を取り戻す) 日々起こっていることは大なり小なりこれの繰り返しなのかなと思います。神様は必要だから人間に感情を与えてくださったと考えると特定のこの感情はいけないなんて思う必要は何もありません。

この話は抵抗感のある方ない方、いると思いますが、私たちは魂の成長(勉強)の為にここにいます。感情を感じることはとても素晴らしいことですがバランスが崩れてしまうと自分自身も大変ですよね。今よりもっと幸せになるには、自分のコンディションを保てる人になることです。常に機嫌の良い人の周りには人が集まります。いつも不機嫌そうな人にはあえて近づきたくないですよね?自分自身のどんな感情とも向き合える人は強く、自分に自信を持てるようになります。

気がつくまでできたけど具体的に何をすれば良いの?と思う方へ

好きなコトをしてみてください。本を読む・映画を観る・散歩に行く・お風呂に長く入るどんなこともOK。まずは想像しない時間を作り楽しい時間を過ごすことが大切です。思いつかない方は瞑想もおススメです。室内ですることと外に出ることを合わせると尚良いです。無理をしない範囲で楽しいことをしてみてくださいね。

過去の悲しみを自分自身で癒す

スピリチュアルなことや心理学を学んで、今貴方に起こっていることはもう記憶にないような幼少期に起こったことです。家庭環境・父親・母親の影響ですという内容だったりもっとさかのぼって過去世(前世)に起こったことが原因という結論に至った方がいるかもしれません。

私も以前、そこに辿り着きました。そこまで辿り着いたのでどうにかなるかと思いましたがさほど変わらない・・・。人の力を借りて癒すことも出来ますがそれは一時的なものに過ぎないのでは思っています。一番強力な癒しは自分自身の中にあることに気がついたからです。

本当に許せない辛い記憶や幼少期という幼いときに受けた悲しみを抱えている方もいらっしゃると思います。それは大小さまざま、それぞれに抱えているもので比べられるものではないでしょう。許せなくて仕方ないこともありますよね。貴方がそこまで悲しんだり傷ついたのですからそうなのでしょう。許すも許さないも貴方次第なのですが、出来事に力を与えているのは貴方であること気がついて欲しいのです。いつまでもその嫌なコトを手に握りしめているのか開放するのか。

憎しみ、許さない気持ちでこの先も進むと決めたならそれでも良いと思います。自分が楽になる為にも力をゆるめて前に進むという選択もあります。何を選ぶかは決めることができます。

私の些細な傷ついたことをここに書きます。本当に些細なことなんですが少し傷ついたことです。

当時、私は中学生のときでした。学校でも挨拶はするように習いますね。放課後だったか時刻は忘れてしまいましたがある日、理科の先生と廊下(他に誰もいない)ですれ違う際になんとか声を出して挨拶をしました。(かなりシャイだったので本当に緊張したんです。)

何も言わずに歩いて行った理科の先生・・・。カツカツカツ・・・。聞こえたのは歩く足音のみ。大人になって思い出しても少し凹むことがありました。

ただ、ようやく色んなことを経験したり勉強していくことで傷付いた気持ちはかなり楽になりました。大人になれば大したことではなかったなと思えることも当時は今より度胸も経験値もないのでショックだったよね。と自分に寄り添いながら。

多分、この話しをしたとして理科の先生は覚えているとは思えません。わざとだったのか、考え事をしていて心あらずだったのか、私の声が小さくて聞こえなかったかもしれません。

長い時間、そのことをずっと心に留まらせてしまったのは私です。そんな大したことではないと思う方もいると思います。勿論、些細なことだと私も思いますが人がどこで傷ついたりするかはなかなか分かりませんよね。留まらせてしまっていた嫌だったなという気持ちを開放したら楽になりました。いつまでも根に持ってしまっていた自分に対しても許しの気持ちを持てた時に楽になりました。

これはとても些細なことですし、もう大丈夫と思って記事にしています。あまりにもヘビーな内容は読む方もびっくりしてしまうと思うので軽いものを書いています。

 

私たちは”今”を生きています。過去は過去のことです。過去に力を持たせているのは貴方です。手を緩めてみると楽になることがあります。

強力な癒しの力は他者でもなく皆さんが持っています。乗り越えたいと思えば乗り越えられます。神は乗り越えられない試練を与えません。(貴方の強さを信じているから必要なことを与えます。)

生まれてくるときに生まれる場所・両親は自分で選んでいるのだそうです。まだ、未熟だからこそ学ぶ為にこの世界にいます。そうなると完璧な人はこの世にはいません。皆それぞれに学んでいることがあり、未熟なんです。日々頑張っている貴方ですからあの時出来なくても仕方なかったかもしれないと自分を許すことが出来ると他者にも思えるときが来ます。

ここまでお読みくださり有難うございます。少しでも心が軽くなることを願っています。

 

-スピリチュアル
-, , , , , , , ,

Copyright© Istina Jewelry , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.